ツイッターやってます!(クリックでジャンプ)

【AirPods3解説!】ついに発売された第3世代の真価はいかに、買い換えるべきか否か。



今から挑戦できる
お金持ちへの一歩


オススメ記事









ここから記事の本文です



今回のAppleの製品の発表でみんな大好き、AirPods。その第3世代が発表された。

なので今回は堅苦しい前置きは無しにしてAirPods3のスペックをザッと書き出していく。

AirPods3 

目次(クリックしてジャンプ)

目次

充電方法

AirPods3の充電機能は従来のLightningでの充電方法に加えてマグセーフにも対応している。

マグセーフとは磁石を利用して行う無線充電のこと。
磁石でくっつくので無線充電の「位置がずれていて充電出来ていなかった」という問題を解決した。

今まではAirPodsのProしかマグセーフには対応していなかったので
無印のAirPodsにマグセーフ機能が搭載されたのは初。

ちなみにマグセーフでの充電は端子の接触とか気にしなくて良いし、普通に楽だからオススメ。




空間オーディオとダイナミックヘッドランキング



長い名前を並べているがザックリ言うと

色んな方向から音が聞こえてくるから映画館並みの臨場感ですよ〜って事。

この機能は素直に興味がそそられるしよく音楽を聴く人なら第3世代を買う価値はありそう。


ちなみにこの機能もProには搭載されてたけど無印には搭載されていなくて
第3世代で初めて搭載された。

ノイキャン機能は非搭載

残念ながらノイズキャンセリング機能は第2世代に続いて非搭載。

正直これにはガッカリ。

ノイズキャンセリングのついていないAirPods3なんてただのワイヤレスイヤホンじゃないかっ


けど通話中に周りの風の音を打ち消して最小限にする機能がついているみたい。
正直外部の音を認識して打ち消すならノイキャン機能付けれたのでは・・・?と思ってしまうが
そこはお高めなProを買ってもらう為の戦略なのだろう。

Lightning機能が未だ搭載していたりAppleさんはお金になかなかガメつい。

耐汗耐水性能


耐汗、耐水に対応してきたがその耐久はIPX4等級。

あれ、スマホとかの防水ってIPX6とかじゃなかった?
それよりも低いの?

と思った人はなかなか鋭い。

このAirPods3、防水を謳っているが浸水には耐えられないし、調べた所シャワーとかガッツリ水がかかるのもダメ。

雨や汗などのちょっと濡れる程度なら大丈夫だよ!!って程度の防水。

なので水関係のしごとをする人やアウトドアが好きな人にとっては厳しい。


けど雨や汗は平気なのでランニングなどの軽い運動にはもってこい。




イヤホン単体で6時間 ケース込みで30時間

純粋にバッテリー持ちが進化した。

第2世代だったらイヤホン単体では5時間、ケース込みで24時間だったので
全体的に1,2倍、充電持ちが良くなった。



比較

AirPods2AirPods3AirPods ProAirPods Max
価格(税込)16,80023,80030,58067,980
空間オーディオ
ノイキャン
防汗防水
充電方法LightningLightning、マグセーフLightning、マグセーフLightning
イヤホン単体での再生時間5時間6時間4,5時間20時間

結論

私の個人的な結論だが

第2世代からの進化があまり見られないので2を持っている人がわざわざ買い換える必要は無いと思う。


また今からAppleのイヤホンデビューする人はAirPods2かノイキャン機能のAirPods Proをオススメする。
AirPods Maxは高すぎて知らん。

Apple以外でノイキャンイヤホン欲しい人は1万円を切ってくるSoundcore Life P3をオススメする。

この記事はSWELL・ConoHa WINGを使って書いています!

公式サイト・購入はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近自分のブログから通信の契約が発生してきて嬉しい2年目ブロガー。

新卒で入った会社を適応障害で退職。

現在は田舎に移住して副業や事業を立ち上げようと思っている21歳。

いつかこのプロフィール欄に「複数サイト運営中」とか「最高月収7桁」とか書いてみたい。

コメント

コメントする

目次